【マンション改修】

永く住み続けるために

マンションを良好に維持管理してゆくためには、適切な修繕が欠かせません。また、長経年マンションでは、居住性や機能などが現在の水準と比べて劣っており、修繕のみではなく改良や改善も必要になります。分譲マンションは区分所有建物であり、様々な方が住まわれています。旧くなったから建て替えるということは簡単にできません。私たちは「永く住み続けられる」マンションを目指し、その為に今何が必要かを考えながら設計をおこなっています。

改修技術向上を目指して

マンションは日本の社会のなかで歴史の浅い建物です。その改修技術も、いまだに確立されていません。また、マンションは構造・設備、および住まい方が多岐多様にわたり、問題の起こり方も様々です。私たちは様々な改修設計や工事監理、技術研究を経験し、そのなかで培った技術を基に更なる技術向上とサ-ビス向上を目指しています。

発注者側の立場で

マンションは多くの区分所有者の建物であり、考え方も様々です。私たちは、管理組合、区分所有者などの発注者や居住者の立場に立ち、マンションの将来を見据えた最善の設計提案を目指しています。また、発注者の利益を第一と考え、公明正大な施工者選定と厳正な工事監理をおこなっています。