【沿革】

私たち汎建築研究所は1959年に東京の神田に事務所を開設し、戸建て住宅や日本住宅公団(現都市再生機構)住宅などの集合住宅設計を柱に、保育園、児童館、図書館、学校、博物館、商店、研究所、工場などの各分野へ幅広く設計活動を行ってまいりました。その間、1973年には福岡に九州事務所を開設して九州一円にも設計業務の活動範囲を広げるほか、建物リニューアルやマンション改修の仕事も手掛けて現在に至っております。
私たち汎建築研究所は、開設以来50年にわたり「人の住まう環境」に係わる様々な課題を主要業務として捉え、東京と福岡を拠点に活動を続けている設計事務所です。