管理組合の役割

1.資産価値維持

  • 「機能維持修繕」「グレードアップ修繕」「設備改修」「耐震改修」等、様々な改修を効果的に実施することが管理組合の役割であり、マンション価値を左右する大切なマネジメントです。

2.居住者の意見を聞き報告する

  • マンションには様々な形態の住戸や、様々な考えの居住者が暮らしています。全ての意見に対応した修繕計画はできませんが、不具合状況の把握・検討および結果報告が重要です。居住者への報告は、広報や説明会等で全居住者に報告し理解して頂くことが円滑な大規模修繕に繋がります。

3.資金計画

  • 資金不足にならないために確実な長期修繕計画書の作成が必要になります。

4.大規模修繕前の修繕委員心構え

  • 管理組合理事さんや修繕委員さん、自分達のマンションをどの程度知っていますか? 自分は知る必要がないと思っていませんか? これから修繕委員会で様々な課題を詰めていきます。その中にはマンション価値を左右する重要な課題もあります。責任重大です。自分達が決めなければ解決しませんので、まず「マンションの形状」「管理規約の内容」等、基本情報は理解しておく必要があります。可能であれば管理組合で建物点検をおこない、不具合状況を理解しておくと良いと思います。