大切なマンションを次の世代に引き継ぐためには、いまの難問を一つひとつ丁寧に解決することが大切です。

 

「建築物や設備の共用部分が過去にどのような修繕がされてきたか」「現在実際にどのような状況になっているか」を調査します。同時に居住者の皆様が日々専用使用しているバルコニーにも立ち入り調査をさせていただきます。そして建物全体の劣化程度と不具合原因を分析し、報告いたします。

 

バルコニーの劣化状況を伺うとともに、皆様が日々不便に感じている部分や、大規模修繕に期待していることなどを伺います。アンケート結果の集計分析とともに、居住者のご意見やご要望を整理し、次のステップの基本計画の基礎資料にいたします。

 

<基本設計>
調査診断とアンケートを基に「改修が必要な部分」「先延ばしできる部分」に整理して概算工事費を提示しながら、皆様とともに工事内容を検討します。傷んでいる部分の改修はもちろんのこと、皆様がご要望の改修を行うことで建物の機能向上を図ります。
 <実施設計>
どこを、どの材料で、どう直すかといった詳細を決定し、施工や見積りのために必要な仕様書や改修図を作成します。また、工事部分毎に必要な数量と単価を算出し、積算書を作成します。

 

建物周辺の色彩調査を行います。周辺環境に配慮しながら色彩コンセプトをまとめ、景観法を遵守して「色彩案」を作成します。居住者アンケートを踏まえ皆様のご意見を尊重した色彩案に決定いたします。

 

居住者への説明 ~説明会を開催~
居住者の皆様に大規模修繕の方向性、アンケートで寄せられた皆様のご要望を、一つひとつ検討した結果を報告いたします。
説明会で新たに寄せられたご意見は引き続き取り組みます。

 

実施設計図書などを基に、複数の施工会社に見積りを依頼します。提出された見積りの妥当性、施工品質や居住者対応力などについて、専門家として助言・進言します。施工会社選定の選定方法や選定経緯は明確にしておく必要があります。当社は見積会社募集から施工会社決定までトータルなサポートをいたします。

 

 

工事が着手してからトラブルが無いよう工事工程や安全防犯対策を検討し、工事説明会の準備について協力いたします。また管理組合と施工者に工事管理方針を説明し承諾を受けます。その他、施工者や作業員に対して設計仕様説明会を開催し、工事監理者として施工品質向上を目指します。

 

期的に三者会議(監理者・施工者・管理組合)を行い、進捗状況の報告、皆様からのご指摘、ご要望の対応をいたします。二者会議(監理者・施工者)では工程確認や工事上の問題点の検討、また工事状況の確認や検査などを行い、皆様に満足いただける工事品質を目指します。 

 

追加・変更工事や実数精算の検査、竣工図書の確認や作成協力を行い、完成建物の引渡し会に立ち会います。業務完了後に実施した監理業務内容と今後の維持・管理の留意点をまとめた工事監理報告書を提出いたします。また、施工会社が作成する竣工図書の確認や作成協力をします。


竣工後もご安心いただける充実のアフターケア

大規模修繕が完了してから皆様が使い始めます。万が一工事した部分に不具合があった場合に備えて、当社では施工会社に工事部位毎の保証や定期点検を定めております。皆様が安心して住まうため、確実なアフターケアをお手伝いしています。

 

定期点検の時期に必ずご連絡し、施工会社の定期点検に協力をいたします。
施工後に不具合が発生した場合は三者(管理組合・監理者・施工者)で会議を開き、その後の対応についてもサポートいたします。

 

 記載はモデル業務プランにつき実際の業務とは異なる場合がございます。
 見積依頼時に業務内容を相談してください。